ここは退屈迎えに来て 動画フルを無料視聴!

09/07/2019

≫≫映画「ここは退屈迎えに来て」動画配信情報【特典で無料視聴可】

山内マリコの小説を原作にした映画「ここは退屈迎えに来て」。

登場人物が何人もいるのと同様に、同じ時間を過ごしていても、その受け取り方は様々なのと同じ様に、ただ感傷に浸るだけではなく、あの頃のあの時を受け止めて、停滞したり、ちょっと進んだり、何かを諦めたり、諦めきれなかったり、淡々と進む話の中で、門脇麦がその思いの丈を茜色の夕日に込めた時、世界はエモーショナルに変わり、その姿に涙してしまいました。

今回の記事では、映画「ここは退屈迎えに来て」を無料視聴する方法や動画配信日を更新してお知らせ。

ここは退屈迎えに来て 動画配信日はいつ?

レンタルに行かなくても今の時代はスマホやタブレットから、どこでも視聴できるVOD(ビデオオンデマンドサービス)で映画を視聴できます。

映画の動画配信は、レンタル日もしくはDVD/BD発売日に合わせて配信されることが多く、4月24日にDVDが発売されることから、

映画「ここは退屈迎えに来て」の動画配信日は2019年4月24日になる見込みです。

(追記)
4月24日配信決定。

映画「ここは退屈迎えに来て」を無料視聴できる動画配信サービス

国内で展開されている動画配信サービスは、新作映画は有料で再生可能ですが、新規入会特典で無料視聴できるサービスがあり、それを利用すれば映画「ここは退屈迎えに来て」を無料視聴できます。

POINT・月額無料お試し期間あり

見放題又は最初の特典で無料視聴できる

・今直ぐに視聴できる

・期間内解約ですべて無料

の条件をクリアしている動画サイトのみに絞りましたので参考にしてください。

VOD名(お試し期間) 配信状況 入会特典pt/視聴pt
U-NEXT(31日) 600pt/540pt
hulu(14日) 見放題
mieru-TV(初月) 2,000pt/400pt
TSUTAYA TV(30日) 1080pt/500pt
クランクインビデオ(14日) 3,000pt/400pt
ビデオパス(30日) 500coin/500coin

◎・・・配信中で見放題
〇・・・配信中で特典無料視聴可
△・・・特典なしだが配信中
◇・・・先行配信
-・・・なし又は配信待ち

※掲載情報は2019年11月現在のものです。

※配信には期限があるため、利用する際は公式ページで最新情報をご確認ください。

おすすめVOD・特典で複数の新作映画を見るならクランクインビデオ・mieru-TV
・複数アカウントで使うからU-NEXT

・旧作なら動画が全て見放題のhulu

クランクインビデオ・mieru-TVなら最大4~7作品の新作映画が無料!

mieru-TVは新規入会特典で新作映画をなんと4本無料視聴できます。同系列のクランクインビデオでは「2つ星プラン」の入会で最大7作品の新作映画が無料視聴可能。mieru-TVのお試し期間は初月、クランクインビデオが14日。

新作映画を見るならU-NEXT 31日間お試し体験

現在リリースされている映画DVD作品を最初にもらえる600ポイントで視聴可能。31日間のお試し期間付き。家族4人まで別々の機器で利用可能!

旧作どれも見放題のhulu

huluなら見たかった旧作映画が月額933(税抜き)で見放題。配信されていない作品は公式ツイッターへリクエストが可能。お試し期間14日で解約はいつでも行えます。

Left Caption

nbsp;

私は、HuluとU-NEXTの動画サイトを利用してます。Huluは主に夜寝る前に子供にアニメを見せたりしてます。U-NEXTは昼間、私が韓国ドラマをみたりしてます。旦那も息子も映画が好きで休みの日はU-NEXTのポイントで映画を見たりで家族みんなが楽しめます。

U-NEXTは韓国ドラマの数が多く毎回ドラマ終わりに何を見るか悩みます。どちらも定額料金が発生しますが私達家族には欠かせないサイトになってます。どちらもクロームキャストでテレビに映るようにして楽しんでます。

映画『ここは退屈迎えに来て』を観る方にお勧めの関連作

映画『ここは退屈迎えに来て』のメインキャストの皆さんが出演しているその他の映画作品も動画配信でお楽しみいただけます。

配信後、ある程度過ぎるとポイント不要の見放題コンテンツになる可能性も!

門脇麦出演の注目映画

映画「ここは退屈迎えに来て」 動画 デイリーモーション

映画「ここは退屈迎えに来て」の本編動画は、デイリーモーションやパンドラにはありません。

今の大学生はテレビを持たない人が多いようです。私の周りでもテレビを持たない1人暮らしの大学生は多くいます。しかし彼らはまったくバラエティ番組、アニメ、映画、ドラマを観ないわけではありません。ネットを使って隙間時間に観るのです。1週間以内の見逃し配信や有料の見放題という便利なサイトを使ってみているようです。

しかしその一部にはyoutubeやdailymotionといった動画配信サイトに無断で転載された番組を観る人もいます。これは観る側にとっては無料で手軽に観ることができ、アップロード者も載せるだけで多くの収益がでるためよい商売であるでしょう。しかし権利を持つ側からすると大迷惑なのです。自社が有料で提供していても、無料で観られるのなら皆違法アップロードの方をみるでしょう。

こうすることによって本来利益を得るはずだった権利者は損をし、クリエイターの報酬が減ってしまうのです。無料という文字に踊らされず、正規のルートで番組を楽しみましょう。

国内の動画配信サービスなら登録特典で無料視聴できます!

≫≫映画「ここは退屈迎えに来て」動画配信情報【特典で無料視聴可】≪≪

映画「ここは退屈迎えに来て」作品情報

10/19公開 映画『ここは退屈迎えに来て』予告

27歳の“私”(橋本愛)は、10年ぶりに東京から故郷に戻ってきた。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌の記事を書いて生計を立てるが、親にはフリーターのようにしか思ってもらえない。ある日、再会した高校時代の友人と、サッカー部のエースで憧れの存在だった椎名くん(成田凌)の話題になり、彼に会いに行くことになる。一方、東京に畏怖を抱くあまりに地元から出られずにいる椎名の元恋人の“あたし”(門脇麦)は、彼と過ごした青春時代の思い出が脳裏に焼き付いていて……。

キャスト

橋本愛(私)
門脇麦(あたし)
成田凌(椎名くん)
渡辺大知(新保くん)
岸井ゆきの(山下南)
内田理央(森繁あかね)
柳ゆり菜(サツキ)
亀田侑樹(遠藤)
瀧内公美(まなみ先生)
片山友希(なっちゃん)
木崎絹子(椎名朝子)
マキタスポーツ(皆川光司)
村上淳(須賀さん)

制作・スタッフ

原作
山内マリコ

監督
廣木隆一

脚本
櫻井智也

音楽・主題歌
フジファブリック

感想・レビュー

ここは退屈迎えに来ては、観る人の青春時代が如何なるものかによって、評価を変える映画なのかと思いました。原作を読んだ時は確か処女を高校生のうちに捨てたいけど怖いという女の子のエピソードが好きでチンコ使わないsexってないの?ってセリフが最強にお気に入りだったんだけども映画ではアッサリなくなってたのが残念でした。

でも、最後の岸井ゆきののつまんない男よで、全部もってってくれました。あれがあったから、成田凌も主人公になったなと、これが、いわゆる群像劇かと思いました。

≫≫映画「ここは退屈迎えに来て」動画配信情報【特典で無料視聴可】