映画「さらば青春、されど青春。」主演大川宏洋が語る清水富美加さんの様子

最近ユーチューバーとして活躍している三代目宏洋さん(幸福の科学総裁・大川隆法の長男)が、元婚約者の清水富美加さんの生活の様子や、元不倫相手であるKANA-BOONの飯田祐馬さんの失踪事件について語っている動画を拝見。

大川宏洋ってこんな人

シバターさんが斬る!!幸福の科学とは、そもそも何ぞや?



宗教法人幸福の科学総裁・大川隆法の長男であり、同法人元副理事長・ニュースター・プロダクション株式会社前代表取締役社長。

現在は教団を抜け、自身で映画プロダクションを設立。幸福の科学はこれまでいくつかの日本映画を手掛けていますが、大川宏洋さんが教団に居た頃はその制作部署に所属していたようです。しかし、幸福の科学であるという理由でビジネスパートナーが遠のくことが多く、独立して自分の力でプロダクションを行うための会社を設立したそうです。現在、幸福の科学には所属していません。

もともと4歳くらいの時に父が作った教義を読んで疑問を持ち、ずっと不信のまま教団での生活をしていたということもあり、彼の鬱憤が今になってYouTubeでの配信を通して世間に発信されている形になっており、最近とても興味深いユーチューバーの一人となりました。

【父の日】【大川隆法】親愛なる父にプレゼントを贈りました。


マホトの生霊を降霊させて霊言を聞いてみた



なかなか聡明で面白い人物です。

そんな彼は役者としても活躍しており、件の清水富美加さんとも共演しています。

それが映画「さらば青春、されど青春。」です。

映画「さらば青春、されど青春。」予告編



次の動画では、この時のロケの様子なんかも語られていて面白かったです。

大川宏洋が語る清水富美加さんはどんな感じ?

【KANA-BOON】【清水富美加】僕の元婚約者の元不倫相手が失踪した件について



初めて会った時から彼女は相当ヤバかったという印象だったようです。

・外出は一人では出れなくて付き人が大勢いる(監視役)
・監視役の目を盗んで配管をつたって外に酒を飲みに行く
・酔った勢いでテレビを壊すなど暴れる(教団から禁酒例がでる)

など、幸福の科学に入信してからの清水富美加さんの様子を語られています。

女優として結構注目していた方なので、興味津々で最後まで見てしまいました。

映画『東京喰種トーキョーグール』ヒロイン役を降板

清水富美加さんといえば実写版『東京喰種 トーキョーグール』のヒロイン霧嶋董香(トーカ)の役を演じていましたが、今年夏公開の続編『東京喰種 トーキョーグール【S】』には出演しておらず、役は山本舞香さんが演じるようです。