ぼくは明日、昨日のきみとデートする 動画を無料視聴【僕明日】

映画「ぼくは明日昨日の君とデートする」を入会特典で無料視聴可能!
月額もお試し期間内に解約で無料!

映画「ぼくは明日昨日の君とデートする」(ぼく明日)のフル動画を無料視聴できる動画配信サービス・感想を掲載しているページです。Dailymotion(デイリーモーション)、Pandora(パンドラ)、YOUTUBE、FC2動画よりも確実で安全な方法を紹介します。

僕明日 映画 動画 フル 無料視聴

映画「ぼくは明日昨日の君とデートする」を無料視聴できる特典付きの国内の動画配信サービスを調べました。

POINT

・月額お試し期間あり

見放題又は最初の特典で無料視聴できる

・今直ぐに視聴できる

・期間内解約ですべて無料

の条件をクリアしている動画サイトのみに絞りましたので参考にしてください。

VOD名 配信 お試し期間
U-NEXT 31日
hulu 14日
mieru-TV(クランクインビデオ) 初月
TSUTAYA TV 30日
ビデオマーケット 初月
ビデオパス 30日

◎・・・配信中で見放題
〇・・・配信中で特典無料視聴可
-・・・なし

※掲載情報は2018年12月現在のものです。

※配信には期限があるため、利用する際は公式ページで最新情報をご確認ください。

おすすめVOD

・最新映画なら、使いやすさ・配信期限の長さからU-NEXT

・旧作なら動画が全て見放題のhulu

を個人的に推奨しています。

新作映画を見るならU-NEXT 31日間お試し体験

現在リリースされている映画DVD作品を最初にもらえる600ポイントで視聴可能。31日間のお試し期間付き。契約縛りがなく、解約はいつでも行えます。

旧作どれも見放題のhulu

huluなら見たかった旧作映画が月額933(税抜き)で見放題。配信されていない作品は公式ツイッターへリクエストが可能。お試し期間14日で解約はいつでも行えます。

Left Caption

U-NEXTは邦画、洋画、ドラマ、アニメとジャンルも広く、種類もとても多くて、いつも楽しく拝見しています。アニメが多いのも、小さい子供をちょっと外であやすのに使えてとても助かっています。つい最近映画館でやっていたものも配信しているので、年会費を払っても、得している気がします。また、オリジナルで発信しているバラエティ番組がとても面白いです。地上波で放送できないようなことを目一杯やっているので、動画配信ならではの面白みなのかなと思います。

僕明日 映画 Dailymotion

Dailymotion(デイリーモーション)やPandora(パンドラ)では映画「ぼくは明日昨日の君とデートする」の本編は視聴できません。

動画サイトはスマホやパソコンなどインターネットにつながる物があれば、誰もが使っているメディアです。

加えて動画は自分が楽しむ上でも使えるし、子どもの暇潰しにも活用しています。ユーザーとして楽しむ上で、そこに見たかった映画やアニメがあればすごく嬉しいです。ただ、本来お金を払って見るべきものだと考えると、自分が見ているものは違法なのかなって思います。

そもそも、Dailymotionは動画がたくさんありすぎて、どれが違法かそうでないのかが全然わかりません。

どれでも手軽に見られるので、ユーザーは気にせず見るのだと思います。

でも、それらは誰かが作ってくれた動画であるという意識をもたなければいけませんね。

映画「ぼくは明日昨日の君とデートする」作品紹介・感想・レビュー

この映画は元々は七月隆文さんの小説で、本屋さんに行った時にタイトルに惹かれてまず、本をみました。本を見た時に普段泣かないのにボロボロと涙がとまりませんでした。そして映画になることになり観ましたが、結末がわかっているとはいえ涙がやはりとまりませんでした。

この作品はすれ違う時間の二人の恋愛です。現実で自分がそうなったらと考えると切なくて涙がとまらない映画でみんなに観てもらいたいです。

2016年12月17日(土)公開

製作国・・・日本
配給・・・東宝
上映時間・・・110分

スタッフ

監督・・・三木孝浩
製作・・・市川南
プロデューサー・・・川田尚広 、 西野智也
原作・・・七月隆文
脚本・・・吉田智子
撮影・・・山田康介
音楽・・・松谷卓
企画・プロデュース・・・臼井央 、 春名慶
音楽プロデューサー・・・北原京子
プロダクション統括・・・佐藤毅
共同製作・・・村田嘉邦 、 弓矢政法 、 髙橋誠 、 大川ナオ 、 吉川英作 、 山本浩 、 荒波修
主題歌・・・back number
美術・・・花谷秀文
編集・・・坂東直哉
録音・・・豊田真一
エグゼクティブ・プロデューサー・・・山内章弘
ヘアメーク・・・ワシダトモキ
助監督・・・清水勇気
照明・・・川辺隆之
装飾・・・高木理己
スタイリスト・・・望月恵
視覚効果・・・鎌田康介

キャスト

福士蒼汰
小松菜奈
山田裕貴
清原果耶
東出昌大
大鷹明良
宮崎美子

感想集

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を実際に視聴した方々から頂いた感想を紹介します。

この映画に興味がある方は参考にしてみてください。

ジャンルの垣根を飛び越えようとした前衛的で挑戦的な作品

僕は明日昨日の君とデートする。という恋愛映画が面白い。

私は然程恋愛映画を観てきた質ではない。

しかしだからこそこの作品を楽しめたのかもしれない。

福士蒼汰演じる高寿は普通の大学生だった。ある日電車の中で偶然遭遇した小松菜奈演じる愛美に一目惚れする。

その感情に駆られた高寿は勇気を振り絞って愛美に声をかける。

とここまでは何て事はない普通の恋愛映画と変わらない展開だ。しかし、事態は一変する。彼女は別の世界の住人だったのだ。

この映画を観ていない方達には何の事だか理解し難いかも知れない。彼女のいる異世界では時間軸が逆行しているのだ。

しかも同じ世界であっていられる時間は限られているらしい。どうやら5年周期の41日間という期間のようだ。

高寿にとっての最期の別れは愛美にとっての最初の出会いあり、愛美にとっての最期の別れは高寿にとっての最初の出会いなのである。

そしてお互いが20歳の時にお互いに意識し合い恋愛に発展して行く。

この作品をジャンルという概念で観た時、恋愛、SFどっち付かずの中途半端な作品としても捉えることも出来るかもしれない。

しかし、それぞれのジャンルの垣根を飛び越えようとした前衛的で挑戦的な作品として私は評価したい。

このようなジャンルレスな挑戦こそが全く新しい物を生み出すきっかけになるに違いない。

原作、映画両方とも拝見しました!

始めに原作を読んだのですが非常に楽しめました。あまり小説は読まず漫画ばかり読んでいる自分ですが本当に読みやすくすぐに読み終えてしまいました。終盤まではよくある恋愛ストーリーで、特におもしろしは感じず読んでいたのですが、隠されていた真実が徐々に明らかにされていくとともに読み進める手が止まらなくなっていきました。感動とワクワクと悲しみと、とにかくいろんな感情が湧き出てきました。そして、読み終えた時は感無量でした。その後、映画も観ましたがストーリーのあらすじを知っているだけに序盤から泣いてしまいました。私的には原作を読んだ後に映画を観るとより楽しめると思います。

デートの景色も見どころ

最初は何だろうこの2人?と思うような不思議な関係。初対面のはずなのに親しくなるのが上手く行きすぎて、2人の気持ちにも何だか温度差があるように感じるし…この不思議な関係の謎が少しずつ明らかになるにつれて、何度も見返したくなるストーリーです。コミックは絵もとっても可愛いくて読みやすかったです。

関西の京都を舞台とした恋愛映画です。福士蒼汰さんと小松菜奈さん出演の恋愛映画です。まずオススメは福士蒼汰さんの演技力が素晴らしくとてもかっこいい点と小松菜奈さんが役柄に合っていてとても可愛いです。この映画は恋愛もの映画なので胸がキュンキュンするの時には涙もある展開なので観ていてとても感動します。個人的に京都に行ったことがあるので、デートの景色も懐かしいです。純粋な恋心を思い出させてくれる作品でした。まだこの作品を観ていない人や京都の舞台の映画を観たい人は是非1度観て欲しい映画だと思うのでオススメします。

奇妙なタイトルだがだんだんとその世界に引き込まれ・・・

映画館でタイトルを見た時、ありえない変なタイトルだと思った所から興味を惹かれたので見たのですが、だんだんとその世界に引き込まれラストの真相が分かった時には久し振りに泣いてしまいました。絶対にひかれあっても一緒にはなれない二人で、しかも、30日しか一緒にはいれないというのが悲しすぎました。女の人の最初は抱き合えたり出来るのに、最後になると知らない人っていうのを演じなければいけない辛さは経験してないのでわかりませんが、私なら無理だと思いました。もう一度観たいと思わせる作品でした。

ネタバレちょっとあり

地味で奥手な青年が、電車で一目惚れをしたヒロインに声をかける所から物語は始まります。きっかけこそ大胆な行動をした主人公ですが、その後の展開はもどかしい程にゆっくりとしています。初恋のぎこちなさを思い出すほのぼのとしたラブストーリー…かと思いきや、彼女には重大な秘密があるのでした。門限が12時と言っていた彼女。しかしそれはウソで、毎日12時になると彼女は「もう一つの世界」に帰るため、現実世界から一時的に姿を消すのです。未来の出来事が書かれた彼女のメモ張が鍵を握っているのでしょうか。今後の展開は本編でご確認ください。

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」世間の反応

BLOG更新しました。 せつなすぎるラブストーリー『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 心が躍るほど楽しい時間を過ごす2人。 でも、彼女には楽しい時間を過ごすほど、 涙を流してしまう理由があるのでした。 fun.is-create.com/index.php/2020… #映画 #ラブストーリー #福士蒼汰 #小松菜奈

test ツイッターメディア - BLOG更新しました。
せつなすぎるラブストーリー『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

心が躍るほど楽しい時間を過ごす2人。
でも、彼女には楽しい時間を過ごすほど、
涙を流してしまう理由があるのでした。

https://t.co/Duoyon3vIO

#映画 #ラブストーリー #福士蒼汰 #小松菜奈 https://t.co/6b2EE30bBx

#小松菜奈 の映画なら 「ぼくは明日昨日のきみとデートする」が一番好き♡ #共感した人RT #フォロバ100 #フォローした人全員フォローする

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)

まとめ

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 2016年に映画が公開されました。

小説の作者は七月隆文さんで、かつては今田隆文として活動しときめきメモリアル2、3などで活躍してきた方です。

七月隆文としては、ハヤテのごとく!SS 超アンソロジー大作戦の執筆者として参加していたりライトノベル作家としても活動をしています。 

私自身、七月隆文さんの作品が大好きで、今回紹介する『ぼく明日』はもちろん、ほかの小説も多々読んできました。

七月隆文さんの魅力は独特な世界観なのに抵抗なく読める描写、言い回しだと思います。

七月隆文さんの魅力を最大限に生かし、さらに豪華なキャストで彩られたものが映画版『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』です。

主人公、南高寿:福士蒼汰さん。ヒロイン、福寿愛美:小松菜奈さん。

他にも東出昌大さんなど今をときめく俳優さんたちが出演しています。

ヒロインを演じる小松菜奈さんが、涙を流すシーンでは思わず息をのんでしまうほど美しく、可憐で物語にぐっと引き込まれていきます。

1時間51分と見やすい長さであることも魅力です。映画版『ぼくは今日、昨日のきみとデートする』一度ご覧になってはいかがでしょうか?

>>僕明日 最新動画情報